2009年05月02日

永作博美ついに結婚! お相手は映像作家

 「お互い支え合うものを感じ、ここに至りました」−。アイドル出身の女優、永作博美(38)が1日、映像作家の内藤まろ氏(39)と結婚したことを発表した。マスコミ宛ての直筆ファクスを通じて明らかにした。

 永作は「気がつけば38年が過ぎていました」とこれまでの人生を振り返り、「素直に向き合ってゆけたら」と抱負を語った。

 今後の女優業については「変わらずに続けていきたい」とコメント。「まだまだ未熟者ではありますが今後とも宜しくお願い致します」と綴っている。


続きを読む

2009年03月31日

緊縛師・有末剛の新境地か? SM緊縛がアート&エンターテインした夜

 東京都渋谷のクラブ。会場には外国人客やボンデージ姿の女性たちが目立つ。やがて、ステージ上にオレンジ色の派手なカラーシャツを身にまとったアフロヘアの男性が登場。1970年代のヒットチューンと共に軽やかな手さばきで、瞬く間に2人の女性を縛り上げていく。男性の名はゴン・トラボルタ。彼の一挙一動、いや、一挙一縛に観客らは陶酔し、場内は興奮のるつぼに。

続きを読む

2009年02月23日

米アカデミー賞:「おくりびと」「つみきのいえ」同時受賞

 米映画界最大の祭典、第81回アカデミー賞(映画芸術科学アカデミー主催)の発表・授賞式が22日(日本時間23日)に行われ、滝田洋二郎監督(53)の「おくりびと」が外国語映画賞に選ばれた。56年度(29回)に同賞が独立した賞になって以来、日本作品が受賞したのは初めて。また、加藤久仁生(くにお)監督(31)の「つみきのいえ」が短編アニメーション賞に選ばれた。日本人監督作品の同賞受賞は初めて。

 日本作品のアカデミー賞受賞は02年度(75回)に「千と千尋の神隠し」(宮崎駿監督)が長編アニメーション賞を受賞して以来、6年ぶりとなる。

 「おくりびと」は、チェロ奏者から納棺師に転職した主人公が死者を装う仕事の中で家族のきずなを再確認していく物語。毎日映画コンクール日本映画大賞やモントリオール世界映画祭のグランプリを受賞するなど、国内外で高い評価を受けてきた。


続きを読む

2008年01月19日

永作博美「興味深まった」 映画「人のセックスを笑うな」で初主演

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/movie/115334/
http://www.iza.ne.jp/images/news/20080113/55034.jpg
かわいい^^

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。