2009年06月23日

普通二輪免許取得への道(2日目)

二輪教習2日目、今回は初技能教習で初めて教習バイクに乗りました

教習所に向かうときの天気は生憎の雨模様です
早くも憂鬱な気分になりながら服装は長袖長ズボン
それにビジネス革靴を履いて軍手持って出かけましたよ
ええ、そうですとも。

少し早い目に教習所に到着した私は気分を落ち着けようと一服
それでも落ち着かずソワソワしながら、する事も無いので配車手続きを
受付の女の子はヤンキー上がりっぽさはあるものの可愛い子でした
フラグらしいものは何も見あたらず・・

その時に1日目に行った適性検査の結果が返ってきました
結果は特に問題なし、まあ車の教習で一度やってますから

待合でソワソワしながら更に待つこと15分、教官がやって来ました
年配の優しい喋りの教官です、鬼教官じゃなくてよかったと安心
最初の技能教習なのでバイクに乗るための準備の説明を受けます。
この時間、この段階を受けるのは私だけらしくマンツーマンです。

胸、肘、膝にプロテクターを装着(`・ω・´)シャキーン
雨なので合羽着てヘルメット装着(`・ω・´)シャキーン
ゼッケン付けて軍手付けて準備完了、いざ教習へ。

最初に習った事はバイクの各機能と操作の説明です。
ウィンカー、ブレーキ、クラッチ、アクセル等々

続いてスタンドのかけ方、サイドスタンド、センタースタンド

そしてやってまいりました、転倒バイクの引き起こしです。
説明を受けるために車庫から手押しで出してきたときに
正直もう少し重いと感じていたので引き起こしできるか心配です。

ハンドルと後ろのフレームぽい部分持って力を入れて引き起こしました
今回の教習用のバイクは180s程、自転車のようにはいきませんが
何とか一回で引き起こせました。

いつも頼りないけれど今日の俺カコイイと悦に浸っていると
ギュルルルルンとエンジンが掛かる音がして現実に引き戻されて
妄想も打ちのめされます。

いよいよクラッチ操作の説明に入ってしまいました。
エンジンスタート時はニュートラル、左手クラッチレバーを引いて
左足チェンジペダルを踏み込むと1速、チェンジベダル蹴り上げる毎に
2速、3速・・どうだ簡単だろと教官が雨に濡れた笑顔を見せました

口で言うのは簡単さ、しかし俺の飲み込みの悪さを知らないな
などと思っていると教官がやってみろと言うので、サー・イエス・サー
返事をしてバイクの乗り方の説明を受けて初めて跨りました。

センタースタンドを立てているので倒れはしません
ポジションの説明を受けエンジン始動だギュルルルルン
マッハロッドだブロロロローブロロロロロー

クラッチレバーを引いて、チェンジペダルを踏み込んでロー
クラッチレバーを引いて、チェンジペダルを踏み込んでロー
やった、できた!

教官「そのままクラッチを戻しながら、アクセルを少し開いて」
 俺「(ブオォーン)はわわゎわ、ガコンッ!」

エンストしますた・・・

テンパってクラッチをいきなり離してしまったようです
こんなので大丈夫だろうかと不安がよぎりますが練習あるのみ
4速まで入れてみるクラッチ操作を繰り返し練習しました。

教習時間も終わりに近づいた頃、実際に動かしてみようという事になり
コケやーしないかー降りしきるー雨ー、と哀愁漂う脳内BGMが流れる中
少し手前に走っていった教官の所まで走行です。

ジグザグしながら、止まる時にコケそうになりながらも何とか辿りつきます
そう、それはまるで歩き始めた赤ちゃんが親に「あんよはこっち」と促されてるような・・

最後にコースの外周を教官のバイクの後を追って走行しました
力の入れ方が悪いのか、姿勢が悪いのかチェンジペダルが上手く
シフトアップが出来ない時は焦るー

しかし何とかコースを回る事ができました
これにて2日目の教習は終了、合羽の中が蒸れて濡れ濡れ
時期が悪かった、バイク教習受ける時は梅雨を避ける事を
お勧め致します。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。