2009年06月22日

普通二輪免許取得への道(1日目)

二輪教習1日目、今回は初回説明会と適性検査を受けました

ここで貧ν民が取得しようとしている免許をもう一度説明すると
二輪自動車は排気量によって現在では4つの区分に分かれており
私が取得しようとしている普通自動二輪車の免許は400cc以下の
二輪車の運転ができるようになります。

50cc以下の二輪が運転できるのが原動機付自転車免許
125cc以下の二輪が運転できるのが普通自動二輪(小型限定)免許
全ての排気量の二輪が運転できるのが大型自動二輪車免許
これに小型、普通、大型にはそれぞれAT限定があるようです。

いきなり大型二輪免許を取得することも可能なようで(取らないけど)
教習所で大型二輪免許を取得する場合の技能教習は31時限、普通二輪免許取得後に
大型二輪を取得する場合は17時限+12時限の29時限、費用面では大差ないそうです。

これから二輪免許取得を考えられてる方は参考までにどうぞ

さて教習初日、緊張した面持ちで行ってまいりました。
初回説明会では教習手帳を受け取り、教習所の説明や
これから受ける教習の注意点などを聞きました。

しかし教習手帳のこの顔写真ヤベー
教習所で撮影したんですが、免許証の顔写真にしろ
どうしてこの手の写真は犯罪者ちっくに写るのかと
本人はもちとマシだと思っとる訳ですよ。

私は普通自動車免許を持っているので学科教習免除ですが
免許取得後にも学科を学び直す機会がないとあきまへんな
今もう応急救護とか無理だろ・・と説明聞いていて思ったりしました

適性検査は車も二輪も同じで昔から変わってないらしく
ああ昔に同じようなのやったわーと懐かしくなりました

同じ図形かどうかで○×したり、△マークひたすら書きまくったりしました
あと性格診断アンケートの設問、「ときどき死にたくなる時がある」とか
ストレート過ぎるだろw 思う事はあっても今回は免許取得の適正なので
そこは「いいえ」にマークしてきましたよ。

学科免除で学科時限数1って何かと思ったら適性検査だったのね

次からいよいよ技能教習です、梅雨です絶対コケる自信がある。
大きな怪我だけは無いよう今は祈っとります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121970470

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。