2009年03月16日

東名で夜行バス全焼 乗員乗客78人は全員無事

 16日午前4時20分ごろ、静岡県牧之原市の東名高速道路上り線を走行中のJRバス関東の2階建て高速夜行バス(大阪発東京行き)のエンジン付近から出火しているのに飯塚和史運転手(43)が気付き、近くの東名牧之原サービスエリア(SA、同市静谷)で停車。乗客計77人と飯塚運転手の計78人が避難後、火は車体に及び、全焼した。けが人はなかった。

 牧之原署の調べでは、バスは「青春メガドリーム2号」(定員86人)で、ほぼ満席状態。飯塚運転手が牧之原SAでバスを止めた後、仮眠中だった乗客を避難させた。

 JRバス関東によると、全焼したバスは2月27日に3カ月点検を終え、出発前の乗務員によるエンジン回りやタイヤ点検でも異常はなかったという。


ニュースソース: 東京新聞

怖い事故だな、最近は低価格が受け入れられて
夜行バスを利用する人が増えてる中でのこの事故

0泊三日の旅

この記事で使った夜行バスがJRの夜行高速バスでした(^^;
他人事では無いですからね、JRバスはさっさと原因を究明して
2度と同じような事故を起こさないよう徹底しる!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。