2009年02月27日

年金運用で過去最大5.7兆円損 10〜12月期

 公的年金の積立金の市場運用で、昨年10〜12月(08年度第3四半期)は5兆7398億円の運用損が出たと、年金積立金管理運用独立行政法人が27日発表した。積立金の市場運用が本格的に始まった01年度以降、最大の損失額。世界的な株価の大幅下落を反映し、国内株は2兆6638億円、外国株は3兆4763億円の運用損が出た。

 今回の四半期としての収益率はマイナス6.1%で、米国の同時多発テロの時期と重なる01年7〜9月のマイナス7.8%に次ぐ過去2番目の低さ。08年4〜12月の収益率は、マイナス9.1%で、この期間の運用損も過去最大の8兆6738億円に膨らんだ。

 第3四半期の運用資産額は90兆4349億円。運用先のうち約2割を占める国内株と外国株で6兆円を超す運用損が出たことが響いた。


 米国のリーマンブラザーズ証券破綻に端を発する金融不安の影響で、運用実績は第2四半期からマイナスだったが、10月末以降、一段と株価は落ち込んだ。外国為替市場で円高が進んだことも加わり、運用実績の悪化に拍車がかかった。

 市場運用の構成割合と収益率は、国内債券68.9%(収益率2.5%)、国内株12.2%(マイナス21.1%)、外国債券10.1%(マイナス11.3%)、外国株8.6%(マイナス34.1%)。


ニュースソース: 朝日新聞

おい社会保険庁、なにしてくれてるんだコラ
もう年金いらないから今まで積み立てた分の金返せ
このド素人が、俺に任せれば3倍にしてやんよ?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114902739

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。