2009年02月26日

永井豪×今川泰宏! 『真マジンガー 衝撃! Z編 on television』今春放映開始

今春よりアニメ『真マジンガー 衝撃! Z編 on television』がテレビシリーズとして放映されることが決定した。

『真マジンガー 衝撃! Z編 on television』は、永井豪氏が1972年に週刊少年ジャンプで連載開始したマンガ『マジンガーZ』を原作とする作品。巨大超合金ロボ・マジンガー Zと出会った高校生・兜甲児と、世界征服を狙うDr.ヘルらとの壮絶な争いを描く。

1972年放映のアニメ版とは別作品として描かれる本作。監督・脚本を務めるのは『機動武闘伝Gガンダム』『ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日』でアニメファンからの人気が高い今川泰宏氏。キャラクターデザインは『銀魂』でキャラクターデザイン・総作画監督を担当した竹内進二氏。マジンガー・機械獣デザインは永井豪作品の玩具化も多数手掛ける野中剛氏。アニメーション制作をBEEMEDIA・Code。キャストも一新され、兜甲児役を赤羽根健治、弓さやか役を本多陽子が新たに担当する。

また本作では新キャラクターや新設定を多数追加。熱い展開を得意とし、ファンも多い今川監督だけに、巨大ロボットアニメの金字塔である本作をどうアニメ化するのか、注目したい。詳しい放映情報については、3月10日に公式サイトで発表される予定。永井豪と今川泰宏、ふたつの強烈パワーの融合をテレビで目撃せよ!


■TVアニメ『真マジンガー 衝撃! Z編 on television』あらすじ
ジャパニウム鉱石から採取されるスーパーエネルギー・光子力。その光子力を狙って、世界征服を企むDr.ヘルが光子力研究所に攻め寄せる。
主人公・兜甲児は、祖父・十蔵の作ったスーパーロボット・マジンガーZに乗り戦うことに。Dr.ヘルは配下のあしゅら男爵、ブロッケン伯爵らとともに、バードス島より発掘された機械の獣・機械獣を操り甲児の前に立ちはだかる。
最強の金属・超合金Zで作られたマジンガーZとともに激闘の中に身を投じる甲児。だがこの戦いには兜一族とDr.ヘルとの過去の因縁、ミケーネ文明・バードス島の謎、そしてマジンガーZの秘密とは何か、多くの謎を秘め物語は動き始める……。


ニュースソース: マイコミジャーナル

◆キャスト
兜甲児:赤羽根健治
兜シロー:藤村歩
兜十蔵:鈴木泰明
弓さやか:本多陽子
弓弥之助:中博史
暗黒時刑事:伊丸岡篤
錦織つばさ:一城みゆ希
クロス:玄田哲章
安:加藤将之
菊ノ助:巴菁子
Dr.ヘル:岸野一彦
あしゅら男爵:(男)石飛幸冶/(女)山像かおり
ブロッケン伯爵:稲葉実
ナレーション:玄田哲章

◆スタッフ
原作:永井豪・ダイナミック企画
監督・脚本:今川泰宏
キャラクターデザイン:竹内進二
マジンガー&機械獣デザイン:野中剛(バンダイ)
音楽:宮川彬良
アニメーション制作:BEEMEDIA・Code


公式サイト 真マジンガー 衝撃!Z編

うおっ、噂では聞いていたけれど今川監督の新作マジンガーZが春から放送か
これには期待する、Gガンダムみたいな熱く煮えたぎるようなアニメを今こそ

マジンガーZ世代ではないので、旧作があれなのにとか言いません
世の中萌えが反乱し過ぎた、熱い熱いアニメをお願いします
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114840382

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。